青森県平川市の 世界一の扇ねぷた

 

青森県平川市は、「平川ねぷたまつり」で運行する「世界一の扇ねぷた」をより大きく作り直す事を決め、後世への継承と誘客を図る「平川ねぷた伝承活用事業実行委員会」を7日設立しました。

1998年「世界一の扇ねぷた」は作られ、高さ11メートル、幅9.2メートルで、扇ねぷたとしては世界一の大きさで、毎年張り替えて来た鏡絵も、老朽化の為に新たに作り直す事も決めたそうです。

 

新・世界一の扇ねぷた は、これまでより1メートル程高くなり完成予定は10月で、今年の「平川ねぷたまつり」には間に合いませんが、来年の「平川ねぷたまつり」に出陣予定です。

 

ちなみに青森市で催される祭りは、「ねぶた祭」で、この期間は全国から観光客が訪れる為、道も渋滞気味で追跡調査時は何かと苦労もあります。